Class

刃物を使った、手加工中心の木工を教えています。

課題づくりをしながら、道具の手入れや刃物砥ぎなどを基礎から学べます。

基本的に、木工を趣味として「真面目」に取り組める初心者の方が対象です。

 

スケジュールの予約は、優先順位に従って、各自、ご自身の都合に合わせて選択できます。第一第三、第二第四のような縛りはありません。

まずはじめに、金土日の中で、自分の優先曜日を決定していただきます。

そして、自身の選択曜日の第一週目から第四週目までの中から、参加可能な日を、期日内に各自月二回分、ご自分で決めて予約していただきます。

事前の連絡と空きの確認が必須ですが、他曜日への参加や、キャンセル分の振替えも可能です。

(その他、詳細のご説明等はmailで随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。)

 

 

自己流やDIYで行き詰まっている方も、以前やっていて最近時間が取れる様になった方も、課題1から学べるなら、ぜひお問い合わせ、ご応募下さい。

大型の機械は、一切使いません。小型機械(トリマー・ボール盤・ドリルドライバー・ベルトサンダー他)は使用できます。

未成年者不可、申し訳ないですが都合により、65歳以上の方は金曜日のみ受け付けております。

 

 

当室の、他の教室と違う最大の特徴として、「框組み」という、量産では、あまり見ない工法の手道具を使っての習得です。

  板材を組み合わせる、誰にでも簡単にできる仕口とは違い、広葉樹の収縮率を考えて作っていく、板材の反りや機能を重視した仕口です。

難しいかもしれませんが、習得すれば、自由製作で作れるモノの幅が、間違いなく一気に広がります。 

 

なお、古い手道具の仕込み等も、自由製作に入ってから、仕込み方や使い方等、可能な限り指導しています。

 

 


  • 料金 入会金4,000円 月謝制10,000円(税込み)別途、課題ごとの材料費+道具代がかかります。※下記参照
  • 日時 第1~4の金・土・日 9時~16時 各自月二回
  • ご応募 mailにてお願いします。

(入会金の内訳は、テキスト代、課題1までの材料費、諸経費となります。)


道具

はじめに、ご準備いただきたい道具は、300mm鋼尺、スコヤ150mm、毛引き、細工用導突鋸、細工用縦引き鋸

合わせて、約12,000円くらいです。

ご自身で揃えられない場合は、こちらで準備できます。

最終的に揃えていただきたい道具は、玄能225~300g、平鉋寸六~八、小鉋、台直し鉋、追入鑿、白書き、中・仕上げ砥石、金盤、下端定規 両刃鋸、他etc

(左利き用の道具も、こちらで揃えられます。ご相談下さい)

講習スケジュール

  • 1,2ヶ月目「基礎座学と実技」「框組つくり」初期道具購入
  • 3,4ヶ月目「課題1」
  • 5~10ヶ月目「課題2」鉋セット購入
  • 11~12ヶ月目「応用座学・CADの使い方」追入鑿セット購入
  • 13~18ヶ月目「課題3」
  • 以降 「自由制作」

ざっとですが、こんな流れで教えていきます。

スケジュールどうりに行かなくても、各自のペースに合わせて進めていきますので、ご安心下さい。

 

道具の費用として、鉋のセット(平鉋、中・仕上げ砥石、台直し鉋、下端定規、金盤)で、約28,000円くらいです。追入鑿は、5本組みで20,000円いかない程度です。

課題の材料費は、一番高い課題3で、6,000円程度になります。

表記の値段は、あくまで概算価格です。相場により多少の前後はありますので、ご了承下さい。

 

すでに、手道具をお持ちの場合は、拝見させていただければ、広葉樹の加工に適している道具かどうかは判断できますので、ご相談下さい。

広葉樹の加工は、ホームセンターの大工道具刃物では、不可能ではないですが、難しいです。


また、当室は、南流山駅から徒歩七分くらいですので、生徒さん用の駐車場は、用意していません。