hagakure

 

家具工房ハガクレの名前の由来は、「ハガクレ武士道」です。

主君への忠誠心のあり方を説いた、江戸時代の武士の教科書のようなものでした。

私も、主君に忠を尽くすごとく、自然環境に忠を尽くす、という意味で考えました。

 

デンマークでは、初給料で、インテリアを揃えるという話を、聞いたことがあります。寒くて、部屋にいる時間が長い国だから、自分のいる「場所」を買うそうです。座る道具として椅子を買う私達とは、異なる価値観を感じられますね。

そして、「古いものこそ美しい」という価値観も持っているそうです。

 

我々の国では、新しいものが好まれます。

代表的なところでは、大きな寺社仏閣も定期的に、新しく建て直して、いろいろ失礼のないように体裁を保ちます。

それは、伝承を考えると素晴らしい事です。木造建築の歴史を考えると、当然の事ですし、日本的だと思います。

 

それはさておき、一般の日本人の「場所」はどうでしょうか

 

確かに、新しさは、一時的に気持ちがいいものですが、すぐに慣れてしまうものですし、新しい場所ために、捨てられるゴミの処理に、多くの労力や税金が使われます。排出されるCO2量も大量消費によって増える一方です。

欧米化前の日本は、もう少し循環型社会だったはずです。

 

そこで、私にできることは、高価ですが、代々、直しながら使える、長く捨てられない家具を作る事で、安価な捨てられる家具を減らす事に尽きると考えています。

 

新しい素材で新感覚を生み出すようなことよりも、経年美化を感じられるモノを作り出したい、壊れても修復可能なモノづくりをしたい‥

そんな活動を始めた頃は、50年以上先の話と考えていましたが、若い世代の動向を見ると、もう少し近い将来になるのではないかと、期待する気持ちが強くなってきています。

 

古いモノを捨て去り、新しい「場所」を作るよりも、古いものを活かし、美しさを感じることができれば、自然資源の乱獲や大気汚染につながる大量消費から脱却できると思います。

自分の意識を変えるだけなので、以外と簡単なことなんじゃないでしょうか

 

家具工房ハガクレ 松倉